top of page

7つの睡眠対策

1.睡眠のための環境を整える。寝室は暗く、静かで温度も適度に調節しましょう。


・暗い部屋にすることで、深い睡眠に入るためのメラトニンの分泌を促します。また、静かな環境であれば、外部からの干渉を最小限に抑えることができ、睡眠の質を高めることができます。温度も、寝室が暖かすぎると、体を冷やすための機能が働きにくくなります。寝室の温度は18℃〜22℃の範囲内が理想的です。



2.スクリーンタイムを制限する。スマートフォンやタブレットなどの画面を見る直前には、少なくとも1時間は避けましょう。


・画面から発せられる青色光は、睡眠を妨げるメラトニンの分泌を抑える作用があります。1時間以上スクリーンタイムを減らすことで、睡眠の質を向上させることができます。



3.定時に寝る・起きる。毎日同じ時間に寝る・起きることで、体内時計を整えることができます。


・人間は生理的なリズムを持っており、それを整えることで、睡眠の質を向上させることができます。毎日同じ時間に寝る・起きることで、体内時計を整え、睡眠の質を向上させることができます。



4.適度な運動をする。運動は睡眠の質を改善する効果がありますが、過剰な運動は逆効果になることもあるので注意しましょう



5.ストレスを軽減する。ストレスが原因で睡眠が乱れることがあるため、ストレスを軽減するための方法を見つけましょう。


・ストレスが原因で睡眠が乱れることがあります。ストレスを軽減するためには、ストレスを感じるときには、リラックスするための方法を見つけることが重要です。ストレスを感じるときには、瞑想やヨガ、散歩などをすることで、ストレスを軽減することができます。



6.睡眠のためのルーティンを作る。


・睡眠のためのルーティンを作ることで、睡眠の質を向上させることができます。それは、毎晩のように睡眠前に同じ行動をすることで、身体や心が睡眠に備えることができるからです。例えば、毎晩のように読書をする、音楽を聴く、温かいシャワーを浴びるなど。



7.睡眠の質を測定する。


・睡眠の質を測定するためには、スマートフォンなどに搭載されている睡眠計測アプリを利用することもできます。これらのアプリは、睡眠時間や睡眠の質を計測し、睡眠の乱れを検出することができます。これらのアプリを使用して、睡眠の質を測定することで、睡眠の乱れを検出し、改善することができます。


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

========= 睡眠ルーティンって何?? ========= 寝る前に、 ・お風呂はシャワーですます ・飲食を摂る ・明るい部屋で過ごす ・布団の中でスマホを見る などのことをしていませんか? その行動は、実はとても危険です!! 睡眠ルーティンをご存知でしょうか? まずは、睡眠ルーティンについてお話しします。 睡眠ルーティンとは、寝る前に行う習慣のことです。 言わば寝るための儀式のようなもので

睡眠オンラインスクール学長の荒川内 博です。 このブログでは、睡眠を中心に健康について解説しています。 世界一睡眠が悪い日本で、睡眠が良くて当たり前の文化をつくるために活動しています。 今回は 「考え事をしてなかなか眠れない!」という方におすすめの 【認知シャッフル睡眠法】について解説していきます。 「寝ようと思ったのにいろいろ考えちゃって目が冴えてしまいます。」 と言われることがあります。 ここ

bottom of page